健康

みかんの食べ過ぎで手が黄色くなるってほんと?1日に何個までならだいじょうぶ?

Pocket

「みかんの食べすぎで手が黄色くなる」
って聞いたことはあるけど、ほんとうなのかな?

と不安になることありますよね。

これはどうやらほんとうのことらしいのですが、では、
「1日何個までなら大丈夫?」

という心配も頭をもたげてきます。

みかんは、1日何個くらいまでなら食べてもだいじょうぶなのか。
そもそも、食べ過ぎってよくないのか。

検証してみました。

みかんの食べすぎで手が黄色くなるのはほんと?

みかんを一度にたくさん食べると、手が黄色くなるのはほんとうです。

ただ、誰もがなるわけではありません。
また、個人差もあり、「何個以上食べると必ず黄色くなる」という明確なデータがあるわけでもありません。

みかんを食べすぎることで、手足が黄色くなる症状は柑皮症と呼ばれます。
柑皮症は病気ではありませんし、みかんを食べるのをやめれば元の肌色に戻るので基本的には心配いりません。

柑皮症はどのように起こる?

柑皮症とは、みかんの黄色い色素成分でカロテノイドの1種であるβ-カロチンが過剰になり過ぎ、体内の脂肪に溶け込むことや角質に沈着して、肌が黄色く見える症状のことを言います。

柑皮症の原因はβ-カロチンの採りすぎですから、みかんのほか、

にんじん
カボチャ
パセリ
オクラ
ブロッコリー、
紫蘇の葉

など、β-カロチンのが多く含まれる食品を食べ過ぎれば、同じように柑皮症になります。

柑皮症はただ黄色いだけで、特に問題はないと考えられています
β-カロチンの摂取をやめてしばらくすれば、もとの皮膚の色に戻ります。

βカロチンは、体内でビタミンAに変化し、ビタミンAとして働くほかに、抗酸化物質として生活習慣病の予防に重要な物質です。けれども、柑皮症になるほどの大量のβカロチンの摂取は必要ありませんので、やはり、ほどほどにするのが良いようです。

たいていはみかんなどの食べすぎをやめてしばらくすれば皮膚の色はもどるとされていますが、時には接種を制限しても、もとにもどるには、1~3か月ほどかかることもあります。

柑皮症になると、黄疸ではないかと心配して受診される方が多くいらっしゃいます。
黄疸の場合は目が黄色くなるのに対し、柑皮症では「皮膚は黄色いが、目は白い」という点で区別ができます。

ただ、少量のみかんで肌が黄色くなる場合には病気がひそんでいる可能性があり、注意が必要です。下記のような医師の報告があがっていますので、ご心配な方はご確認ください。

少量のみかんで肌が黄色くになる人は、血管に流れる脂肪が多いと考えられ、糖尿病とか脂質異常症とか体に脂がたくさんたまりやすいような病気の恐れがある。

スポンサーリンク

ミカン少量で”手の平が黄色”病気の可能性

みかんの食べすぎのリスクは?

みかんを食べすぎると手が黄色くなるのは、βカロチンの採りすぎによるもので、基本的には病気ではなく心配いらないものだとわかりましたね。

では、みかんの食べすぎによって、皮膚が黄色くなる以外にリスクはあるのでしょうか。

どんなものでも、食べすぎはよくないのでは、と思いますよね。

みかんの場合、あまり大量に食べると、
・水分が多いため、体が冷えることやむくむことがあります。
・食物繊維も豊富なので、中には下痢気味になる場合もあります。

また、ビタミンCや食物繊維が豊富で体に良いみかんですが、
・糖質も含まれているので、度を超えて毎日食べ続ければ、肥満にもつながります。

とくに糖尿病の方は、食べすぎで血糖値が上昇することもあるので、要注意です!

みかんは1日何個までなら食べてもだいじょうぶ?

おいしくて、ついつい次々と手が出てしまうみかん。
食べすぎはよくないとは思いますが、では、1日に何個までなら食べてもだいじょうぶなのでしょうか。

厚生労働省では、健康維持のために1日に果物を200g摂ることを推奨しています。
みかんだけなら、1日2~3個が適切です。

なんでも食べすぎは良くありません。

果物もカロリーがありますし、果糖を摂り過ぎるとアルコールを摂取しているのと同じで、肝臓に負担がかかるリスクもあります。

みかんは1日に2~3個が目安

1日2~3個を基本的な目安として、体が疲れた時や風邪気味の時はビタミンC補給の意味で、プラス1~2個までを目安にしておきましょう。

まとめ

みかんを食べすぎると、色素成分であるβ-カロチンが体内の脂肪に溶け込み、手足に黄色く現れて、皮膚が黄色くなることがわかりました。
この症状は柑皮症と呼ばれますが、病気ではありません。

みかんの食べすぎで皮膚が黄色くなるのは病気ではありませんが、なんでも食べすぎは良くなく、皮膚が黄色くなる以外のリスクがあります。

みかんを大量に食べると、体を冷やして、むくみや下痢などを引き起こすリスクや血糖値の上昇を招くこともあります。

1日、2~3個を目安と考えて、食べすぎには注意しましょう!

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。